ホーム > 歯周病治療

歯周病治療

本当はとっても怖い歯周病の原因とは?

本当はとっても怖い歯周病の原因とは?

現在、日本の成人の80%が悩んでいる歯周病は、国民病と言われるほど私達の身近にひそんでいる生活習慣病のひとつです。
5人のうち4人が悩んでいる国民病なのです。

最初の段階は「歯肉炎」と言われ、文字通り歯肉にのみ炎症が起きている状態です。
歯に付着した歯石と唾液中に含まれるカルシウムによって細菌が繁殖し、その時に出る毒素が原因で歯肉が赤く腫れ上がります。
そして歯肉炎がひどくなると歯周病に進行します。

歯周病の段階になると、歯と歯茎の間の歯周ポケットの奥にまで歯石がたまり、さらに細菌数も増えて毒素がどんどん口内環境を脅かしていきます。
歯を支えている根が溶け、最終的には歯茎が歯を支えられなくなり、抜けてしまうのです。

歯周病の怖さはそれだけではありません。
口の中は粘膜ですから、出血によってバリア機能が破壊されると、歯周病菌が血液にのって全身をめぐります。
心臓や腎臓の疾患を引き起こしたりすると言われています。

歯周病治療&歯周病予防のポイント

歯周病治療&歯周病予防のポイント

歯肉炎は治すことができますが、歯周病は残念ながら治すことができません。
今の口内環境を保ち、それ以上悪くならないよう現状維持していくことになります。
当医院では、治療可能な歯肉炎の段階での早期発見&早期治療を呼びかけています。
そのためにも、歯と歯茎の状態を常にセルフチェックして、定期的に歯科医院で検診を受けるようにしましょう。

こんな自覚症状はありませんか
こんな自覚症状はありませんか


・歯石が着いている
・歯が浮いている/ぐらつきを感じる

歯茎
・歯茎が赤い/紫/黒ずんでいる
・歯茎が腫れている
・歯茎がいつもむずがゆい
・歯磨きすると血が出る
・歯茎が下がった
・歯が長くなった
・歯肉を押すと膿が出る

その他
・口臭が気になる/人に指摘される
・歯と歯の間に食べ物が挟まりやすい

歯周病治療の流れ

01 精密検査

レントゲンを撮って骨の状態を確認します。
1本ずつ歯周ポケットの深さを測り、歯周病の進行度を把握します。

02 抜歯

歯周病が重度に進行し、回復不能と判断された歯のみ、抜歯します。
(無理に残しておくと健康な周囲の歯に悪影響を与える可能性があります)

03 ブラッシング指導

歯周病の最大の原因となる歯石をためないよう、正しいプラークコントロールの方法をお伝えいたします。

■ブラッシングのコツ
01:歯ブラシを濡らさない
   →歯磨き粉が泡立ちすぎて長時間磨けません
02:鉛筆と同じ持ち方で
   →最適なブラッシング圧になります
03:歯の表面に直角に当てる
   →左右に1~2mmほど細かく振動させます
04:歯周ポケットには45度
   →大人は特に丁寧に磨きましょう
05:歯を磨く順番を決めておく
   →上から先に、左から右へ、などと習慣化すると磨き残しが少なくなります
06:ながら磨きがオススメ
   →TVを見ながら、湯船につかりながら、自然と時間をかけて磨けます
07:うがいは軽くすすぐ程度に
   →うがいしすぎると歯磨き粉に含まれるフッ素が流れてしまいます

スケーリング

スケーラーという専用の器具を用いて、歯石を取り除きます。

ルートプレーニング

スケーリングではなかなか取れない部分の歯石を取ります。歯の根っこ、細菌に感染した歯質など。

歯周外科治療

場合によっては、歯周組織再生療法を行います。
歯茎を切開して骨を出し、奥深くにひそむ歯石や細菌に感染した歯質を徹底的に除去します。
溶けてしまった骨を回復させる処置を行うこともあります。

メンテナンス

治療後は、再発を防ぐために定期的なメンテナンスを行います。
歯周病はお口の中全体、ひいては全身の負担になる病気です。
日々のケアに気を付けて、健やかなお口を保ってください。

問い合わせは092-821-9448
お問い合わせは092-821-9448
アクセス


大きな地図で見る
〒814-0002
福岡県福岡市早良区
西新5-13-14
地下鉄西新駅徒歩10分
駐車場:完備